見る・学ぶ

有馬川殉教地

有馬川殉教地
有馬の地で、棄教を拒否した有馬直純の3人の重臣とその家族が、1613(慶長18)年、2万人以上の信徒が見守るなか、日野江城の前の広い浜で火刑となり、殉教した。このととき、信者2万人が有馬に集まったたといわれている。
2008年11月、日本で初めて行われた列福式にて、8人は福者に列せられた。
有馬川殉教地は、2009年12月に巡礼地の完成を祝う記念ミサと祝賀会が行われた。十字架と8本の石柱からなる殉教碑を設置して、福者を讃えている。
所在地 〒859-2305
南島原市北有馬町 ※南島原市北有馬支所(南島原市北有馬町戊2747)付近
駐車場

なし (北有馬ピロティー文化センターに駐車可)

※ただし、大型バスについては南島原市北有馬支所の駐車場に空きがあれば駐車可。

 その場合は、支所職員にお声かけください。

最寄りのバス停

島鉄バス(有家~小浜~諫早駅) 「南道」もしくは「轟川」バス停 ※県道30号線沿い

島鉄バス(加津佐海水浴場前~島原駅前) 「北岡橋」バス停 ※国道251号線沿い

有馬川殉教地